お料理にもウォーターサーバーのお水を

お料理の味の決め手ともいえるのが仕込みで使うお水。
お酒の仕込み水はそのお水によって出来上がりは全く違ってきますし、各地の地酒の特徴に関係してきます。
おいしいお水とお米が地酒の味を決めるというわけです。
お酒だけでなくそばや醤油、味噌もお水の味が大きなポイントなんですね。
家庭料理でもお水を上質なものに変えると仕上がりの味がグッと変わってきます。
私はウォーターサーバーのお水を使ってお米を炊いていますし、煮込み料理にもウォーターサーバーのお水を使っています。
そのまま飲む場合には天然水がおすすめですが、お料理におすすめなのは不純物をほとんど含まないRO水がおすすめです。
不純物を含まないお水のほうが料理の素材の味を素直に引き出せるんです。
プロの料理人は天然水よりもRO水を高く評価する方が多いのだそうです。
RO水でお米を炊くとお米の自然な甘い香りがぷ?んと漂ってきて食欲をそそられます。
お味噌汁や煮物に使うおだしを取るにもRO水を使用すると一層香りが引き出されることを実感できると思います。
理想は2台のウォーターサーバーを設置してキッチンにRO水のウォーターサーバーを、リビングには天然水のウォーターサーバーを設置するなんてちょっと贅沢ですが、最も賢いウォーターサーバーの使い方ともいえるかもしれませんね。

このブログ記事について

このページは、takumiが2013年7月 1日 06:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「良質なお水で健康維持を」です。

次のブログ記事は「水分補給と美容の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。